下半身痩せ セルライト


下半身だけが痩せない原因はいろいろとありますが、そのひとつにセルライトがあげられます。

セルライトとは一般に、女性の太ももやお尻などの、比較的脂肪が多く血行の良くない部分にできやすい、お肌の表面がでこぼこしてしまっている皮下脂肪のことです。セルライトになる原因は肥大化した脂肪のまわりに水分や老廃物が溜まり、その結果大きな塊となってしまったためです。血行不良や脂肪の代謝不良によるものです。

セルライトという言葉はフランスから始まったと言われています。
1973年にセルライトについての書籍をニューヨークのエステサロンの経営者が出版しベストセラーになったことから一般に広く知られるようになりました。日本でも1996年の日経産業新聞の記事でセルライトが紹介されています。一般にもテレビ番組などを通じて2000年以降知られるようになったのです。

■セルライトと通常の皮下脂肪の違いについて
セルライトは「リンパ液の固まったもの」、「脂肪組織に老廃物や水が溜まったもの」、「ほとんどの成分はコラーゲン」などまったく異なる複数の説があり、まだまだ科学的な検証も不十分です。

エステサロンなどにおいては、セルライトかどうかは外見上の特徴で判断されているようです。美容業界や健康食品業界などのセルライトの説明では、脂肪が変形し固まってしまっているので、一般の皮下脂肪に対する対処方法では解決できないとしています。マッサージから美容整形手術にわたる特別な治療や、セルライト専用の食品を使う食事療法が必要であると説明しています。
逆にセルライトを否定する立場の意見です。セルライトとは通常の皮下脂肪となんら変わりがない。通常のダイエットのように運動とカロリー制限を組み合わせることにより、皮下脂肪が減少する。それにより凸凹の脂肪も減少して目立たなくなると主張しています。

下半身痩せを希望している方などは、日常会話で「セルライト」という言葉をよく耳にすることもあると思います。どんなことも極端な説明や、疑わしい話には細心の注意が必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。